正しい鼻血の止め方



正しい鼻血の止め方

 

出血を止める救急措置の基本は「圧迫止血」です。鼻血の場合も同じです。ただし鼻の骨がある硬い部分を圧迫しても出血は止まらないので、キーゼルバッハ部位に相当する、外から触って骨が無くて硬くない「小鼻の部分」を親指と人差し指でつまんで圧迫しましょう。

 

 

圧迫時間の目安は15分です。水泳でつけるノーズキャップも圧迫止血と同じ。もっている方は小鼻の部分をしっかり押さえましょう。この部分を氷など冷たいもので冷やすのも効果的ですよ。

 

 

よくティッシュを詰める人が多いようですが、これは直接的な止血効果はないのでオススメできません。圧迫止血をする前に鼻の中に詰め物をする場合も同様。出血が止まった後で詰め物を取ると、再度出血してしまう可能性があります。

 

 

圧迫止血をする時に詰め物はしないようにしましょう。圧迫止血で止まるのはキーゼルバッハ部位からの鼻血のみです。それより奥からの鼻血の場合、外部からの圧迫止血では止まらず、出血部位の血管を直接止血する外科的な処置が必要な場合があります。

 

 

鼻血が30分以上続くような場合は救急車を呼ぶことも考えましょう。非常に稀ですが出血量が多いと輸血が必要な場合もあります。